ジョブ型雇用とは?「ミテミヨ」の活用でジョブ型雇用のメリットを最大化!

皆さんは「ジョブ型雇用」という言葉を耳にしたことはございますか?

「ジョブ型雇用」とは、主に欧米企業に普及している雇用制度のことで、企業が定義した職務内容(ジョブ)に基づいて必要な人材を雇用する制度です。 逆に日本で普及している雇用制度は「メンバーシップ型雇用」と呼ばれ、労働時間や勤務地・職務内容を限定しないことが一般的です。

新卒一括採用や終身雇用、年功序列といった、日本の雇用制度でよく耳にする言葉は、「メンバーシップ型雇用」の特徴を的確に表していると言えます。


近年では、日立製作所や三菱ケミカルといった大手企業が「ジョブ型雇用」の導入を発表し、話題となりましたが、「ジョブ型雇用」にはどのような特徴があるのでしょうか。


本記事では、「ジョブ型雇用」について、簡単に解説します。



 
  • ジョブ型雇用の特徴

以下の表のように、「ジョブ型雇用」と「メンバーシップ型雇用」には、大きな違いがあることが分かります。


ジョブ型

(欧米型)

メンバーシップ型

(日本型)

職務内容

職務記述書で規定

(専門職型)

限定しない

(総合職型)

基本構造

仕事に人をつける

人に仕事をつける

採用

経験者採用

新卒一括採用

(定期採用)

賃金

職務グレードに応じて支給

職能資格制度に基づいた

年功序列型

(年功的に増加)

昇進・昇格

実績重視

勤続・年齢重視




  • 働き方に応じた「ミテミヨ」の活用

「ジョブ型雇用」では、職務内容が予め職務記述書で規定されているため、職務に応じた働き方を選択することも可能な場合があります。


働き方の選択肢の一つとして、フルリモート勤務が挙げられます。

フルリモート勤務での課題として挙げられるのが、社員同士のコミュニケーションです。


チャットツールやオンライン会議など、コロナ禍でのビジネスにおいて、非対面でのコミュニケーションを円滑にする様々なツールが活用されています。

そのようなオンラインコミュニケーション手段の一つとして、「ミテミヨ」を活用頂くことが可能です。


「ミテミヨ」はクラウドサービスの為、スマートフォンやPCなどのデバイスとインターネット環境があればどこでも接続が可能です。


社内知恵袋として、業務において分からないことや疑問に感じたことを質問として投稿すれば、社内の有識者が回答をしてくれます。

「ミテミヨ」が他のオンラインコミュニケーションツールと比べ優れていることは、このQ&Aのやり取りが蓄積され、誰でも閲覧可能になるという点です。


「一人の疑問はみんなの疑問」とも言われるように、過去のQ&Aを検索することにより、今の疑問が円滑に改善されるかもしれません。

また質問への回答者を見ることで、誰がどの分野の有識者であるかを知ることができ、直接のコミュニケーションがスムーズに進むこともあるでしょう。


リモートワークという新しい働き方が普及してきた今、新しいコミュニケーションツールとして「ミテミヨ」を検討してみては如何でしょうか。



  • 無料お試し版公開中

このように新しい社内のコミュニケーションツールとして活用いただけるミテミヨですが、現在無料お試し版のお申込みで、10名様まで無料でご使用いただけます。



まずは少人数の部署やチーム内で、実際に触れて、体験してみてください。


皆様の無料お試し版への登録を、心よりお待ちしております。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示